AIやロボットが台頭する新しい時代を生きる子供にとって、特に重要な2つの力が「創造力」と「英語力」。
幼児教材の選び方から、実際に取り組んでいる様子まで。
リアルタイムに発信しています!

詳しくはコチラ

創造力を育てる!

【高い創造力がカギ】小4の壁をなんなく乗り越えられるこどもを育てる!

【PR】

小4の壁を乗り越える!

記事の内容

  • 小4の壁とは?
  • 小4の壁をなんなく乗り越えるための対策

子育てには、"壁"と呼ばれる時期がいくつもあります。

その中でも代表的な壁の一つが"小4の壁"。学習面や人間関係について、子供が直面する複数の問題のことです。

小4の壁と呼ばれる問題の1つに、授業の内容が難しくなってついていけなくなることが挙げられます。

小4になっても問題なく授業の内容を理解できるこどもの特徴は、創造力が高いこと。自分の頭でじっくりと考えて、答えを導くことができるからです。

小学三年生までの学校の授業で創造力を鍛えることは、正直難しいです。優良な幼児教材を使って、創造力を鍛えましょう

STEAM教育に活用できるおうち教材5選

  • トイサブ(0~6才)
    -知育おもちゃのサブスクサービス
  • ワンダーボックス(4~10才)
    -STEAM教育を通して、センスや創造力を高めるタブレット教材とキット教材
  • RISUきっず・RISU算数(5~12才)
    -多くの応用問題で想像力を高める算数・数学に特化したタブレット教材
  • グルービーラボ(4~12才の間で学習期間は1年半)
    -おうちでできる本格的な科学実験を通じて創造力を高めるキット教材
  • クラウンボックス(4~6才)
    -こども一人一人の特徴にあわせて届くキット教材

小4の壁とは?おうちのちいく教育で解決できる課題は?

kids_studying

小4の壁とは、学習面や人間関係について、多くの9~10歳のこどもと家族が直面する問題のこと。

「9歳の壁」「10歳の壁」とも言われています。

小4の壁と呼ばれる問題は、主に3つあります。

代表的な小4の壁とは

  1. 放課後の居場所がない
  2. 友達との付き合いが複雑になってくる
  3. 勉強が難しくなりついていけなくなる

小4の壁の中で、おうちのちいく教育で解決できるのは勉強に関する問題

つまり「3.勉強が難しくなりついていけなくなる」です。

勉強に関する"小4の壁"の原因は?

Classroom in school

小学4年生になると、学校の勉強についていけなくなるこどもが多くなります

"小4の壁"と呼ばれる理由の1つです。

学習内容に抽象的な内容が増えてくることが、最大の原因です。

抽象的な思考が成長する時期ではありますが、まだ個人差が大きいため、つまずきやすいポイントです。

抽象的な勉強内容の例

国語:抽象的な表現を含む文章(比喩的な表現から登場人物の気持ちを読み取るなど)

算数:少数や分数などのイメージしにくい計算

理科:電気などイメージしにくい事象

小4の壁を乗り越えらるこどもは、創造力が高い

高い創造力が身についているこどもは、小4の壁をなんなく乗り越えられます

抽象的な内容を自分の頭の中でじっくりと考え、理解することができるからです。

小4の壁は、見方によっては大きなチャンスでもあります。

小4の壁を乗り越えて「自分は周りよりできる!」と自信を持てば、その後も自主的に勉強できる子になりやすいからです。

しかし、創造力は急には身につきません。小4の壁に直面する前に、前もって鍛えておくことが理想的です。

小4の壁を乗り越えるために。創造力を育てるおうち教育5選

 

小4の壁をなんなく乗り越えるためには、それまでに創造力を鍛えておく必要があります。

しかし、小学三年までの授業内容で創造力を鍛えることは正直難しいです。

おうちでできる幼児教材を利用して、幼少期から想像力を鍛えましょう

STEAM教育に活用できるおうち教材5選

  • トイサブ(0~6才)
    -知育おもちゃのサブスクサービス
  • ワンダーボックス(4~10才)
    -STEAM教育を通して、センスや創造力を高めるタブレット教材とキット教材
  • RISUきっず・RISU算数(5~12才)
    -多くの応用問題で想像力を高める算数・数学に特化したタブレット教材
  • グルービーラボ(4~12才の間で学習期間は1年半)
    -おうちでできる本格的な科学実験を通じて創造力を高めるキット教材
  • クラウンボックス(4~6才)
    -こども一人一人の特徴にあわせて届くキット教材

まとめ:小4の壁を乗り越えるポイントは"高い創造力"

子育ての中で直面する壁はいくつもありますが、その一つが小4の壁です。

勉強内容が急に難しくなって、授業についていけなくなる子供が増える時期です。

その理由は、抽象的な内容の勉強がはじまるから。なかなかイメージできない内容でも、自分の頭でじっくりと考えて、物事を正しく理解する力が求められます。

この小4の壁を乗り越えるために必要な能力が"高い創造力"。

小学三年生までの授業だけでは、なかなか創造力が育ちません。ただし、おうちで優良な教材に取り組むことで、高い創造力を育てられます!

勉強につまずくこどもが多い中、小4の壁を乗り越えることができれば、逆にこどもの自信にもなります。親として精一杯サポートしてあげたいですね!

-創造力を育てる!