AIやロボットが台頭する新しい時代を生きる子供にとって、特に重要な2つの力が「創造力」と「英語力」。
幼児教材の選び方から、実際に取り組んでいる様子まで。
リアルタイムに発信しています!

詳しくはコチラ

パルキッズ

【動画あり】バルキッズプリスクーラーYEAR1に取り組む様子をレビュー!

【PR】

プリスクーラーYEAR1に取り組む様子をレビュー!

記事の内容

  • パルキッズ プリスクーラーYEAR1とは?
  • パルキッズ プリスクーラーYEAR1をレビュー(動画あり)

これからのグローバル時代を生きるこどもには、英語を身につけてほしい!

いくつも販売されている優良な英語教材の中から我が家が選んだのは「パルキッズ」。日本にいながらバイリンガルを育てることを目的とした教材で、小学生の間には準2級レベルを目指します。

積極的に宣伝活動をしていないので、ディズニー英語システムやサンリオイングリッシュマスターほど有名ではないですが、実績は抜群です。

パルキッズで一番初めに取り組むプログラムが「プリスクーラーYEAR1」

娘が取り組む様子を動画つきでレビューします!

【おうち英語でバイリンガルを育てる】パルキッズってどんな教材?

児童英語研究所から発売されているパルキッズは、"日本にいながらバイリンガルを育てる"ことを目的としたおうち英語教材です。

その通過点として、小学生のうちに準2級合格を目標としています。

親子で楽しみながら英語を学ぶディズニー英語システム(DWE)やサンリオイングリッシュマスターとは大きく違い、パルキッズは効率的に英語を習得できるように、シンプルな教材の内容になっています。

文字が読めない頃は大量の英語を聞く。文字が読めるようになってきたら大量の英語を読む。

リスニングとリーディングで毎日英語をこどもにインプットすることで、ネイティブのように英語を英語のまま理解し使いこなせるようになります。

対象年齢 0~12歳
価格 312,400円(プリスクーラー、キンダー、キッズの総額)
親のかかわり方 一緒に取り組む時間は少なくてよい
到達レベル バイリンガルを育てる

英検準2級レベル

解説記事へのリンク 
taka
共働き家庭なので、子供と一緒に取り組む時間がなかなか取れないと思い、パルキッズを選びました!

パルキッズプリスクーラーYEAR1とは?

プリスクーラーYEAR1は、パルキッズで一番はじめに取り組むプログラムです。

およそ90分間の英語かけ流しと、およそ3分間のオンラインレッスンをとにかく毎日続けます。

かけ流し:単語や物語、音楽を含むおよそ10分の英語が繰り返し流れます。1ヵ月ごとに聞く内容がかわります。

オンラインレッスン:動画を見たり、時には問題に答えたりします。かけ流しの内容と連動しています。

かけ流しは他ごとをしながらでも大丈夫です。ご飯をたべながら、朝の支度をしながら、おもちゃで遊びながら。

普段の生活の中でBGMのように流すだけでよいので、子供と一緒に英語教育に取り組む時間がなかなか取れない家庭でも無理なく取り組めます。

スマホやタブレットの画面を見ながら取り組むオンラインレッスンの3分間だけは、親子で一緒に取り組んだほうが安心です。より大きなテレビの画面に映すと、子供が興味を持って取り組みやすくなります(詳しくはこちら)。

taka
我が家はクロームキャストでスマホの画面をテレビに投影しています

【レビュー】パルキッズプリスクーラーYEAR1の

1か月(長女1歳6ヵ月)

BGMとしてパルキッズのかけ流しを聞きながらの生活にも慣れてきました。

一人でオンラインレッスンを見てくれる日もあります。

3か月(長女1歳8ヵ月)

音楽が大好きな長女。

パルキッズのかけ流しを毎日聞いていたら覚えたようです

(絶賛取り組み中です!随時更新します。)

-パルキッズ